管理人の紹介

高校生の頃から、重度のワキガ&多汗症に悩んできた管理人です。

当時付き合っていた人に初めて指摘されました。

初めて言われた時は、本当に落ち込みました。

恥ずかしくてどこか穴にでも入りたい思いでいっぱいでした。

今では、指摘してくれたことを感謝しているのですが、当時は感謝なんてできませんでした。

それが原因で、負い目を感じ、うまくいくものもいかなくなってしまいました。

そこから、親にお願いして制汗剤を買ってもらい、いつでも持ち歩くようになったと思います。

ワキガは、本当に苦痛です。

何が嫌かって、人前に出たり、夏場に人ごみに行くのが本当に苦痛になります。

  • 臭っていたらどうしよう?
  • 着替えたけど、大丈夫かな?
  • 替えの洋服持って行こうかな?
  • 汗しみ平気かな?
  • シフォン系の化繊は、着たくても臭くなるから着れない・・・
  • オフィスが臭いけど、これって私のせい??
  • 自分が臭ってきたから、早く帰りたい・・・。

とか。

毎日毎日、人の目や自分の臭いが気になって、社会生活さえままならなくなります。

そのうち、汗をかくことが怖くなって運動すら怖くなりました。

 

人前で手をあげる行為は、自殺行為と等しいぐらいに思っていました。常にぎゅっと脇をしめています。

そうすると緊張して余計ワキ汗をかいたりします。

そう、精神性発汗の始まりです。

そして、脇をぎゅっと無意識にでもしめているので、肩こりもするようになりました。

人前で腕をあげたりすることもできません。

だから、20代の後半から肩こりだけじゃなく40肩のように腕をあげにくくなってしまいました。

物を差し出したり、人に近寄るのも嫌でした。

ワキガの人は、家にこもっていなければならないのか、と思うぐらい本当に悩みました。

そして、色々な制汗剤やデオドラント製品を試しました。薬局で売っているものから通販のものまで。本当に数知れずです。

私のコンプレックスは、

ワキの汗がすごくて、臭い

これが一番です。

実は、手術もしたことがあります。

親に相談することだって、ためらったのに、親に手術を相談しても、後遺症があるかもしれないし、ちゃんとケアすれば大丈夫と真剣に話を聞いてもらえませんでした。

だからバイトなどでお金を貯めました。

最初に保険適用がいいと思って皮膚科に行きました。

そしたら、ティッシュで臭いのチェックをされました。

しかし、薬で様子を見ましょう。と帰されてしまったのです。

 

それだって、一大決心でした。電話するところから緊張しました。

とにかく、自分の名前で病院を予約することすら嫌でした。

次は、社会人になってから美容クリニックに行きました。

当時10万円くらいだったと思います。80%改善される。日帰りで大丈夫という内容でした。

当時仕事も忙しく、1週間も仕事を休める状態ではなかったので、そこで手術をしてもらうことにしました。

今では、あまり聞かない、針に電流を流して、汗腺にダメージを与えるという手術です。ワキのしわにそって針を入れるので、跡にもあまり残らないという説明だったのですが、術後は、ワキにしわも増えて、汚くてどうしようもありません。

制汗剤を手放せると思っていましたが、間違いでした。

そして、手術したけれど、ワキガの臭いは消えません。しばらくは良くても、今では、汗の量も変わっていないように思います。復活してしまったのです。

選んだ手術法も間違いでした。一番効果の高いと言われている手術は、仕事も休めないし、周りにバレルのが怖いのでやりたくありませんでした。

だから、藁にもすがる思いで色々な制汗剤を試してきたのです。

 

私のコンプレックスは、

ワキの汗がすごくて、臭い

でも、その不安を除けば、明るい未来がまっています。自分でもわかっています。

日本のものだけでなく、海外のものを試すようになってから、だいぶ安心できるようになってきました。

人前に行くことが、それほど苦痛でもなくなってきたのです。それが現在の自分の状況です。

そんな商品に出会えたことに今では感謝です。

私のように、制汗剤でなんとかしたい!という人にわかりやすく、また、同じような悩みをもっている人の少しでも参考になるようなサイトにしたいと思っています。

 

 

おすすめ制汗剤

汗ピタいちばんおすすめの制汗剤

投稿日:

Copyright© 汗ピタ , 2019 All Rights Reserved.